提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふじ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

藤は荳科に属する纒繞性木本で、その老樹になると数百年に達するものがある、葉は羽状複葉、花は荳形の蝶形花で房を為し、長いものは数尺に達するものがある、普通種の藤と山藤の二に区分されてゐるが、園芸的には野田藤、白野田藤、カピタン藤、千重藤、麝香藤、黒藤、口紅、山藤、小藤などがある、花の色は普通は紫で、白色のものもあり、紅紫色のものもある、山藤は葉裏に毛のあるのが特長であり、奈良には有名な春日の八重藤があつて有名である、古来よく知られた植物であるから、詩歌に現はれたものなど枚挙に遑もない。藤の名画に左の作がある。

狩野水徳筆   『藤襖絵』    京都大安寺蔵

海北友雪筆   『同』      同 西本願寺蔵

本阿弥光甫筆  『三幅対の藤』  東京帝室博物館蔵

鈴木其一筆   『藤花蝶図』   藤田男爵家旧蔵

円山応挙筆   『藤花狗子図』  片岡直温氏旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)