薬師

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

やくし


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

薬師は薬師如来、薬師仏の略、具さには薬師瑠璃光如来といひ、また大医王仏とも称せらる須弥の東方にあつて、その浄土を瑠璃光土といひ、この如来に関する事を詳しく説いたものに薬師経がある、此の仏は十二の誓願を発し衆生の病患、無明の痼疾を救治する法薬を与ふ、十二誓願とは一に光明照耀の願、二に身如瑠璃の願、三に受用無尽の願、四に大乗安立の願、五に聚具足の願、六に諸根具足の願、七に衆患悉除の願、八に転女成男の願、九に安立正見の願、十に繋縛解脱の願、十一に飢饉安楽の願、十二に衣服厳具の願である、其形像は左手に薬壷を取り右手に施無畏印を結ぶものを通例とする。

薬師如来の像としては京都禅林寺に国宝一点あり、絵画彫刻共に多く殊に彫刻には薬師寺蔵行基作、大和法隆寺薬師如来、近江薬師堂等蔵は何れも国宝であり有名である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)