葛飾北斎

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かつしかほくさい


1760-1849。江戸時代中期―後期の浮世絵師。宝暦10年9月23日生まれ。

勝川春章に入門し、勝山春朗と号して役者絵を発表。のち狩野派、住吉派、琳派、さらに洋風銅版画の画法をとりいれ独自の画風を確立。70年間にわたり旺盛な作画活動をつづけ、画域は風景・花鳥・美人・戯画とひろく、錦絵、版本挿絵、肉筆画にすぐれた作品をのこした。奇行で知られ、生涯に93回も引っ越しをした。嘉永2年4月18日死去。90歳。江戸出身。姓は川村、のち中島。別号に画狂老人、戴斗、為一、卍など。作品に「富岳三十六景」「北斎漫画」など。

<引用文献>

『日本人名大辞典』、講談社、2001.12.6