茘枝

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

れいし


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

支那原産の無患子科の常緑喬木、羽状複葉で小葉は二八対、先の尖つた披針形、枝の先には円錐花序をなして花弁のない小花を開く。果実は卵形、竜眼の果実に似て鱗片で蔽はれ種子は肉質の甘い仮種皮があり、臭気があるが支那では洽く食用に供せられ、仙人好んで食ふといひ、又よく絵に画かる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)