花散里

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

はなちるさと


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

花散里は源氏物語の一条なり。光源氏の君の中川あたりに知る所ありて忍び玉ふことを叙せり。源氏道にて

 橘の香をなつかしみほとゝぎす 花散里を尋ねてぞとふ

源氏絵として画かるゝ少なからず。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

源氏物語』五十四帖の第十一、この巻は光源氏廿四歳の事を記してゐる、五月雨の降り頻る頃、中川に花散里を訪ふ、空には杜鵑が啼く、情味の深い巻である。

郭公ありつる垣根のにや、同じ声にうちなく、慕ひきにけるよと思さるゝほども、艶なりかし、いかに知りてかな、忍びやかにうち誦じ給ふ。

橘の香をなつかしみほとゝぎすはな散る里をたづねてぞとふ。

巻の名は此の歌からつけられてゐる、源氏絵として多く画かれてゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)