花下猫児

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かかびょうじ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

牡丹花の下に猫を描くもの。猫を以て時辰儀に易ゆるなリ、蓋し猫の眼晴正午に於て最も細し、而して牡丹は正午を以て満開とするなり。この故に牡丹猫の図は古来屡々図せらる。

京都天球院杉戸図国宝なり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

花下に猫を描く、ねこ「」を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


牡丹花に猫を描くもの、猫を以て時辰を現はす為めに配すといふ。『過庭紀談』に曰く

世上に牡丹の下に猫の眠り居る図をゑがける多し、是亦彼図の元来の起りに相違せり、彼図の猫は睡らす筈にてはなし、本右の図は唐の時、或人さる能画師の正午の牡丹を図しくれよと頼みしに、右の画師牡丹をえがくは易きことなれども、日中正午の趣をいかゞして画き写さんやと、色々工夫をめぐらし思ひ付き、牡丹の傍に猫をあしらひ其猫の眼を正午の眼にゑがきて、それにて正午の牡丹と云ふ処をあらはせしなり。さすれば右の図の猫は眼こそ専一の主なるに、睡猫にゑがきては何の面白きこともなし。

と、然し、牡丹を配した作は古来少くない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)