船底

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふなぞこ


総合


歌舞伎

人形浄瑠璃劇場の舞台には人形遣いの腰から下を隠す横板が舞台いっぱいに二段設けられるが、一番奥には大道具の屋体を建てる本手があり、その前に地面をあらわす二の手があって、その間を船底という。 二の手は高さ約五十糎、船底は深さが約四十糎、底から二の手の上まで九十糎程で、普通人形はここでつかわれる。船底の左右の両端には揚幕があって、舞台への出入口となる。