肩衣

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かたぎぬ


総合


歌舞伎

袖がなく、肩から背にかけて着物の上に着るもの。 浄瑠璃の太夫や三味線弾きが出語りで演奏する時は、原則として袴をはき、太夫の紋のついた揃いの肩衣をつける。肩衣袴は本来は祥につぐ武士の礼服。