紋下

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

もんした


総合


歌舞伎

人形浄瑠璃芝居の一座の代表者をいう。 普通浄瑠璃を語る太夫であるが、稀に三味線弾きや人形遺いがこの地位につくこともある。番附の最初に劇場名と座の紋である櫓紋がしるされ、その紋の下に太夫の名を大きく書くので紋下とも櫓下ともいう。 また紋下の名は、劇場の軒の中央に出す欅の一枚板の大看板にも筆太に書かれる。文楽座の紋下は豊竹山城少掾である。