箙の梅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

えびらのうめ


画題

画像(Open)


解説

(分類:武者)

東洋画題綜覧

源平生田の森の戦に、梶原源太景季が咲き匂ふ梅を箙にさして笠印とし奮戦した物語は、謡曲にもあるが、『源平盛衰記』に曰く、

梶原は心の剛も人に勝れ、数奇たる道も優なりけり、咲き乱れたる梅が枝を胡簶に副てぞ指たりける、蒐れば花は散けれども、匂は袖にぞ残りける。

吹風を何いとひけん梅の花散くる時ぞ香はまさりける

といふ古き言まで思出ければ、平家の公達は花箙とて優也やさしくと日々にぞ感じ給ひける。

これを画いたものに左の作がある。

小堀鞆音筆  『梶原景季箙の梅』  野口信太郎氏蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)