提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しょう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

雅楽に用ひる楽器の名、匏を切り上に十七の管を環に立て並べ、管毎に簧があり律を異にする、匏を『つぼ』、又は『かしら』ともいひ、今は桐で製して塗る、ここに孔あつて吹き、簧を鼓動して音を発する。  (大言海)

鼓瑟吹笙、吹笙鼓簧  (詩経小雅)

大和絵に笙を描くもの少くない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)