牡丹睡猫

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ぼたんすいびょう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

牡丹に睡を配するもの亦よく画かるゝものである、原双桂の『過庭紀談』に曰く。

世上に牡丹の下に猫の眠り居るをゑがける多し、是亦彼図の元来の起りに相違せり彼図の猫は睡らする筈にてはなし、本右の図は唐の時、或人さる能画師に正午の牡丹を図しくれよと頼みしに、その画師牡丹をゑがくは易きことなれども、日中正午の趣をいかゞして画き写さんやと、色々工夫をめぐらして思ひ付き、牡丹の傍に猫をあしらひ、共猫の眼を正午の牡丹といふ処をあらはせしなり、左すれば右の図の猫は眼を専一の主なるに、睡猫にゑがきては何の面白きこともなし。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)