燃薪読書

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

たきぎをもしてしょをよむ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

唐書に曰く、畢誠は蚤く孤なり、夜薪を燃して書を読む、母その疲るゝを恤ひ火を奪ひて寝かしめ肯つ息まず、遂に経史に通じ、辞章に工みなりと。  (世事百談)

教訓画としての好画材である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)