湯王

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

とうおう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

殷の始祖、伊尹を宰相に用ひ夏王桀を伐つてこれに代り、国を商と号し、毫に都しよく国を治め、明君の聞え高かづた、盤庚の時更に都を殷に遷し、これから商は殷と称するに至つた。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


さんおう「三王」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)