浅黄幕

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あさぎまく


総合


歌舞伎

大道具用の幕の一種。浅黄色をしていて、舞台装置の一部として用いられる。使用法は二つあり、一つは開幕時に舞台を隠すために垂らされ、唄や浄瑠璃があった後、合図によってこの幕を落とすと舞台が表れる方法。もう一つは舞台転換のために前場の終わりに上部から下ろして舞台を隠し、次の場の装置に変えると、幕を落として続けていく方法である。この幕は日中の屋外を表現することになっており、幕の前で演技が行われることが多い。