浅草川

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あさくさがわ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

浅草川、隅田川と云ふに同じ、即大川なり橋場、今戸以南にのみ此名あり、或は宮戸川と云へり。

砂子云、浅草は豊島郡峡〈はけ〉田領に属したり、往古此辺武蔵野へ遥につづけど小山もなく平原なれど民家ありて、草もあさき故に浅草といへりとか、浅草川は上に荒川といひ、下に隅田川とも宮戸川とも云ふに同じ、浅草鯉、浅草海苔、当初の名物なり、昔は此近き辺まで入江なりしとなり。  (大日本地名辞書)

隅田川を画けるものは、浮世絵その他にも多いが、浅草川の名で画いたものでは左の作が名高い。

宮川長春筆  『浅草川絵巻』  井上侯爵家旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)