泰山

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

たいざん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

支那五嶽の一で東嶽といふ。山東省泰安府泰安県城の東北五清里にある、古名を岱宗、岱山、東岱といふ、山に種々の廟祠古碑が遺つてゐる。

     遊泰山     李白

日観東北傾、両崖夾双石、海水落眼前、天光遥空碧、千峰争攅攅聚、万壑絶凌歴、緬彼鶴上仙、去無雲中跡、長松入霄漢、遠望不盈尺、山花異人間、五月雪中白、終当遇安期、於此錬玉液。

古来五嶽の一として画かるゝもの多い。

小柴春泉筆  第一回帝展出品

矢野鉄山筆  第二回新文展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)