江南一枝春

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こうなんいっしのはる


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

一枝のの画に斯く題す、一枝の梅によつて江南の春を報じ来つたとの意。出所は、『荊州記』に

陸凱与范曄相善、自江南寄梅花一枝、詣長安与曄、并贈詩曰、折梅逢駅使、寄与𨻫頭人、江南無所有、聊贈一枝春。

諸家の作に多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)