梅花書屋

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ばいかしょおく


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

梅花乱開の下高士閑居して書見する図を題して梅花書屋といふ。南画に於て最も多く図する所なり。

田能村竹田、斎藤畸庵。貫名菘翁、奥原晴湖、瀧和亭等に此作少なからず。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

梅花清香を放つ園林の中に、小廬を営み高士中にあつて読書する図、題して梅花書屋といふ、南画家の作に多い。

高橋草坪筆  藤田山王荘氏旧蔵

野呂介石筆  横江竹軒氏旧蔵

与謝蕪村筆  上野山重太夫氏蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うめ「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)