梅花似照星

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ばいかしょうせいににたり


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

菅公十一歳にして月前梅花の詩を作つたこと、『荏柄天神縁起』に載す。曰く

さるほどに生年十一歳になり給ひけるに相公こころみに詩作り給ひてんやとのたまひければ、詞もわかぬに、

月耀如晴雪、梅花似照星、可憐金鏡転、庭上玉房馨、

とぞつくりましましける、十三四になり給ひては相公の才智にも殆すぐれたまひて天下にならぶ人なくおはしましけり。

稚児姿で、月前に梅花を賦すところ、歴史画などに極めて多く描かれてゐる処である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うめ「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)