柳鷺

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

りうろ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

楊柳と白鷺とは風情多きものとして相配して、古来和漢画家の手によりて、最し多く画かるゝものなり。

趙仲穆筆雪中柳鷺(西本願寺所蔵)

雪村筆柳鷺屏風(東京美術学校所蔵)

呉春筆柳鷺(横河民輔氏所蔵)

近く図画創作展に榊原紫峯の作あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

を画いたもの、夏の場合と冬の季節とある、夏の場合は五位鷺か青鷺、冬の場合は白鷺(小鷺)に限られてゐる、作例は極めて多い。

黙庵筆    柳鷺(五位鷺)  近衛公爵家蔵

乾山筆    柳鷺(小鷺)   川崎男爵家蔵

渡辺崋山筆  『秋柳雨鷺』   小坂順造氏旧蔵

荒木十畝筆  柳鷺(五位鷺)   十二回帝展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


さぎ「」の項を見よ。      

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)