東坂解帯

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

とうばかいたい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

支那南唐軍雲居山の了元仏印禅師、一日學徒と入室す、時に蘇東坂適々到りて面前に顕はる、師曰く、此間坐榻なし居士此に来りて如何となす、東坂曰く、暫く仏印の四大を借りて坐榻とせん、師曰く山僧一問あり、居士若し道ひ得ば即ち請ふ坐せ、道ひ得ずんば腰下の玉帯子を輸せ、居士欣然として曰く、便ち請ふと、師曰く適々来りて道ふ、暫く山僧の四大を借りて坐榻となさんと、然れども四大本と空、五陰有にあらず、居士如何の処に坐せん、東坂答ふる能はず、遂に玉帯を留む、師却つて贈るに雲山の衲衣を以てす、東坂即ち偶を作りて曰く百千灯作一灯光、尽是恒沙妙法王、是故東坂不敢借、借君四大作禅榻、病骨難堪玉帯囲、鈍根仍落箭鋒機、欲教乞食歌姫院、故与雲山旧衲衣、此帯閲人如伝舎、流伝到我亦悠哉、錦袍錯落猶相称、乞与佯狂老万回之を東坂解帯と称す。

(『画題辞典』斎藤隆三)