時雨

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しぐれ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

『しぐれ』の『し』は風雨のこと、『くれ』は暮、『しぐれ』とは『しぐれの雨』の略、秋冬の際に且つ降り且つ晴るゝ小雨のこと、霂、液雨、

神無月降りみ降らずみ定めなき時雨ぞ冬の初めなりける  (後撰集)

小夜時雨、片時雨、蝉時雨、あまのしぐれ、落るしぐれなど類語が多い。

本田天城筆  『しぐれ』     第一回文展出品

木島桜谷筆  『しぐれ』     第一回文展出品

川合玉堂筆  『片時雨』     第一回文展出品

佐野五風筆  『時雨』      第七回帝展出品

上田万秋筆  『北山しぐれ』   第十一回文展出品

下村観山筆  『しぐれ』     淡交会展出品

其他極めて多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)