旭日森

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あさひのもり


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

安房図清澄山の半腹にあり、日蓮開宗の地である、日蓮上人、建長五年四月二十八日拂暁、此地に立ちて海上遥かに日輪の上がるを拝し、始めて南無妙法蓮華経の題目を唱えたりという。近来諸家の好んで画題として選ぶ所の一である。横山大観の作に知られたものがあったが、大正震災に焼亡した。

(『画題辞典』斎藤隆三)