新三十六歌仙

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しんさんじゅうろっかせん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

三十六歌仙に擬して、後に選ばれしものにして、選者未詳正文二年の序あり、左の如し後鳥羽院、上御門院、順徳院、太上天皇後嵯峨、雅成親王、宗尊親王、道助入道親王、式子内親王、藤原良経、藤原道家、西園寺公経、久我通光、西園寺実氏、源実朝、九条基家、藤原家良、慈鎮、行意、堀河通具、藤原定家、八条院高倉、藤原俊成女、宮内卿、藻壁門院少将、藤原為家、藤原雅経、藤原家隆、藤原知家、藤原有家、藤原光俊、藤原信実、藤原隆祐、源具親、源家長、鴨長明、藤原秀能之を画きしもの帝室博物館に狩野探幽筆あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

選者は詳かでない、序文に正文二年とある。

後鳥羽院、土御門院、順徳院、太上天皇後嵯峨、雅成親王、宗尊親王、道助入道親王、式子内親王、藤原良経、藤原道家、西園寺公経、久我通光、西園寺実氏、源実朝、九条基家、藤原家良、慈鎮、行意、堀河通具、藤原定家、八条院高倉、藤原俊成女、宮内卿、藻壁門院少将、藤原為家、藤原雅経、藤原家隆、藤原知家、藤原有家、藤原光俊、藤原信実、藤原隆祐、源具親、源家長、鴨長明、藤原秀能。

これを画いたものでは、帝室博物館に狩野探幽の作がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


さんじゅうろっかせん「三十六歌仙」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)