振威八荒

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しんいはっこう


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

鷲を画きたるものに振威八荒と題す、鳥中の王たる鷲鳥の猛威、四方四隅隔遠の境まで振ふに足るものあるをいうなり、此画題を以て鷲鳥を画きしもの。

近く野口幽谷の作東京帝室博物館にあり。瀧和亭の筆久能木某所有す。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

の図に斯く題す、鷲は勇武の鳥であるから振威或は振武といひ、八荒は八方荒忽極遠の地のこと、即ちその意、極地にまでも及ぶといふことである。賈誼の『過秦論』に

有席巻天下、包挙宇内、嚢括四海之意、併呑八荒之心。

とある。作例極めて多い。

松林桂月  『振威八荒』  第八回帝展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)