戸板返し

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

といたがえし


総合


歌舞伎

東海道四谷怪談の隠亡堀に使うトリック。 仕掛物の一つで、昔は大道具方の扱いであったが今では小道具方が担当している。戸板の両面に作り物の人形のからだをつけ、首の所に穴があいていて、俳優がその穴から首を出し入れして、小仏小平とお岩との二役を早替りで見せる。