当麻曼荼羅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

たいままんだら


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

当麻曼荼羅は当麻寺に伝ふる浄土曼荼羅で中台を浄土界とし弥陀、観音、勢至を中心とし左右及下の三辺に観経序分義、定善義観善義を図したるもの、此の曼荼羅は天平宝字年中、藤原豊成の女中将姫が蓮の糸を以て織つたものと伝へられ、節無き竹をその軸とすると。  (仏教辞林其他)

当麻曼荼羅は右の外、これに擬して後世これを描いたもの二三ある。慶舜、専舜、宅磨為成の作で、共に当麻寺にある。此の外、その縁起を画いたものに当麻曼荼羅縁起二巻(鎌倉光明寺蔵)があり、近くこの事跡を描いたものに左の諸作がある。

太田聴雨筆  『浄土変』       日本美術院展出品

池田竜甫筆  『伝説当麻曼荼羅』   第十一回帝展出品

荒井寛方筆  『当麻』        第十一回院展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)