寿陽公主

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

じゅようこうしゅ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

寿陽公主は宋の武帝の女、ある日含章殿の檐下に臥してゐると、梅花落ちて額上に五出の花と成り、之を排つても去らず、皇后之を留む、後人これを梅花粧と呼んだ。

宋武帝女寿陽公主人、日臥含章殿、檐下梅花落額上、成五出花払之不去、皇后留之、後人効為梅花粧。  (粧楼記)

『芥子園画伝』にこれが画像を載せてゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)