寿帯鳥

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

じゅたいちょう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

寿帯鳥は尾長鳥のことで、帯鳥ともいふ、一名練鵲、『和漢三才図会』に曰く。

本綱練鵲、似鴝鵒而小黒褐色、其尾鵒長、白毛如練帯者是也、禽経曰、冠鳥性勇、纓鳥性仁、所謂帯鳥者此練雀之類也、俗呼為把白練。

と、狩野派の諸家など好んで、画いてゐるが、実在の尾長鳥とは余程変つた装飾化されたものとなつてゐる、作例枚挙に遑もない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)