報春鳥

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ほうしゅんちょう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

の雅名である、寺島良安の『和漢三才図会』に曰く、

荊州毎至冬月、於田畝中得土堅円如卵者輙取以売、破之鴬在其中、無羽毛候春始生羽、破土而出、諸山記云、鴬如鴝鵒而色蒼、毎至正二月鳴曰春起、至三月止鳴曰春去、採茶之候也、呼為報春鳥。

と、鴬の絵に時に報春鳥と題するものがある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うぐいす「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)