六鶴図

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ろっかくず


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

五代程凝、又孟蜀圭、淮南より献じた六鶴を、黄筌に命じて便坐に画かしむ、これより殿を六鶴殿と名づく。その六鶴と云ふは

唳天、驚路、啄苔、舞風、疎翖、顧歩の六態で、これより、鶴の姿態を描く典型となる。  (名数画譜 図画見聞志)

此の題によつて画いたものに左の作がある。

真道黎明筆  『六鶴図』  第十五回院展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


つる「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)