六六魚

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ろくろくぎょ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

は側線の処の鱗の敷が三十六枚あるといふので此の名がある。

鯉魚為魚品之上、而陰魚、故有六六陰数、而其脇一道従頭至尾、無大小、皆三十六鱗、毎鱗有小黒点、鱗有十字文理、故名鯉、雖困死鱗不反自、能神変至飛越江湖。  (本草綱目)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)