八百屋

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

やおや


総合


歌舞伎

大道具。山道・坂道などの斜面や、舞台の前方から後方へかけて、斜に除々に高く、遠近法に道具を飾る方法。八百屋が青物を飾る台に似ているところから出た名称だという。 上方では開帳場というが、これは寺院の開帳で、混雑して階段が上り下りしにくいので、段の上へ板を張って斜面を作った。これに似ているところから出た名。