五福祥集

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ごふくしょうしゅう


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

五個の蝙蝙の飛交ふさまを図したるを五福祥集という。蝠の音の福に通ずるよりせるものにして亦瑞祥を祝するものなり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

蝙蝠五匹を画いてかく題す、支那画には殊に多く描かれる吉祥画題である。

書経周書洪範に云ふ、九五福、一曰寿、二曰富、三曰康寧、四曰攸好徳、五曰考終命とあり、これによりて五福の図を作れり、福の音、蝠にて蝙蝠のことなれば、蝙蝠を画きて福の義にとれり、五福祥集の図といへり、又五福翔集とも書けり、人物は何も義なし、取合せものなり。  (名数画譜)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


蝙蝠五疋の飛翔するところを画く、蝠の字音、福に通ずるより、目出度い画題として撰まる。『名数画譜』に曰く

書経周書洪範に云ふ、九五福、一曰寿、二日富、三日康寧、四日攸好徳、五日考終命とあり、これによりて五福の図を作れり、福の音、蝠にて蝙蝠のことなれば、蝙蝠を画きて福の儀にとれり、五福祥集の図といへり、又、五福翔集とも書けり、人物は何も儀なし、取合せものなり。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)