三益斎図

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さんえきさいず


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

松竹梅の生ずる所に、斎居を画いたもの、五山の詩僧玉畹梵芳が、応永十五年に書いた三益斎図の序文に依れば、

慧嶠の中和上人、工に命じて松竹梅下の斎居を画かしめ扁して三益といふ

とある。周文の作(岩崎家蔵)世に聞え重要美術品に指定されてゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)