一路

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いちろ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

多く楊柳に白鷺を描き、此を題とす、蓋し路とと字音相通ずるからである。明の劉珝の一鷺図の題詩に曰く

芳草垂楊蔭碧流、雪衣公子立芳洲、一生清意無人識、独向斜陽歎白頭。

楊柳を配する、或は此の詩あたりから来たものであらう、作例極めて多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)