一本菊

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ひともとぎく


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

一本の菊といふ意味であるが、別の意味では、花の紫の菊をいふと、

名にしおはば花さへ匂ふ紫の一もときくにおける初霜     (新拾遺集五)

ひともとの菊にはあれど露霜ぞわけてことごと色はそむらし  (躬恒集)

墨絵にて『一本菊』と題した作雪舟にあり、狩野派の人々にも多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)