めりやす

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

めりやす


総合


歌舞伎

下座音楽。愁嘆、述懐、色模様、髪すきなどの淋しい場面に使う。唄本位の陰気な短い曲。三下りが多く、独吟で唄うのが特長。台詞のない科(しぐさ)の間を埋めて唄い、台詞の間は合の手でつなぐが、多くは数節に分かれている。