双喜図

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 19:12時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

そうきのず


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

二羽を画いて、斯く題す、『吉祥図譜』に曰く

翠衿紅觜便知機、久避重羅穏処飛、是唐司空図詠山鵲詩也、鵲性有霊能伝喜、故有報喜鳥之称、俗間晨聴其鳴声、称必有吉事、呼曰喜鵲、南唐韓漑詩曰、幾度送風臨玉戸、一時伝喜到粧台、亦詠鵲一聯也、乃画飛鵲二、題曰双喜図。

結城素明にその作がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)