楚蓮香

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 18:41時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

それんこう


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

楚蓮香は唐の明皇の時に於ける長安府中の名媛なり、容委艶麗国色無双と称せらる、その外に出づるや胡蝶その香を慕ひ相随ふて翔ふといはる、

山口素絢の画く所あり、長澤蘆雪画く所亦村田某氏所蔵にあり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

楚蓮香は唐の玄宗皇帝の時に於ける長安府中の美姫、その外に出づるやこれを慕ひて従ふといふ。唐美人としてこれを描くもの少くない。

都中名姫楚蓮香者、国色無双、時貴門子弟争相詣之、蓮香毎出処間、則蜂蝶相随、蓋慕其香也。  (開元万天宝遺事)

これを描いたものに左の作がある。

円山応挙筆  鴻池家旧蔵

長沢芦雪筆  村田利兵衛氏蔵

山口素絢筆  所蔵者不詳

佐藤光華筆  第十二回文展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)