飛行三鈷

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 19:03時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

びぎょうのさんこ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

高野山の伝説、昔弘法大師、入唐、法を伝へてこれを我が国に弘めんとし、予め霊地を邦土に卜せんが為め、所持の三鈷を東方に投げた処、その三鈷、飛んで高野山に落ち、その伝法の霊場たるた示すといふ、飛行三鈷といふは即ちこれで、三鈷とは密教にて金剛不壊の菩薩心を表示する教家所持の具で、三股となつてゐる金剛杵である。  (仏教辞林)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)