明皇看牡丹

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 18:47時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

めいこうぼたんをみる


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

明皇は唐の玄宗皇帝なり、皇帝がその龍姫楊貴妃と共に牡丹を見るの図なり、玄宗皇帝楊貴妃に就いては各その條下を見るべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

玄宗、楊貴妃、牡丹を看給ふ、玄宗貴妃に曲を舞せん為め、李白酔て殿上に沓をはきながら参内す、是を官人よりてぬがす、貴妃水などを面にそゝぐ、其時太白清平調の文を書くなり。  (後素集)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)