お初徳兵衛

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 18:34時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

おはつとくべえ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

お初徳兵衛とは、大阪新地新茶屋町天満屋遊女お初と、内本町橋詰平野屋手代徳兵衛がことにして、元禄の昔女二十一男二十五、曽根崎の森下に情死を遂げて、恋の手本と語られ、近松巣林子が筆に上りては曽根崎心中として、世に唄われたるものなり、浮世絵に画かるゝもの少しとせず。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

そねざきしんじゅう「曽根崎心中」を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)