01小姓吉三 八百やお七

arcUP0449

絵師:三代目豊国
落款印章:好にまかせ 七十九歳豊国筆
判版:大判/錦絵
版元名:近江屋 久次郎
改印:子二改 
配役:小姓吉三…十三代目市村羽左衛門  八百やお七…三代目沢村田之助
※本配役による上演は見つからない。

「其往昔恋江戸染」八百屋の場の一場面。
今まで母親に吉三とお七の仲を反対されてきたが、やっとお許しが出たので今から二人で杯をあげようとしていたところ、お七は吉三が明日出家すると言う事を吉三から言い渡され、びっくりして声を上げて泣いてしまう。そんなお七を気の毒に思った吉三は、出家は嘘だ、と宥めるために嘘をつき、「また明日来ます」と、伝えて立ち上がろうとするが、「出家するのが嘘ならば杯などをして、そしてあの床へ入って、どうぞあの」と、お七によって留められる。しかし吉三は「今日は帰らなければならない」と、言い帰ろうとするが、お七は吉三に抱きつき無理理やり夜着を着せる。
本図は、このお七が吉三を口説き、無理やり夜着を着せようとするその一瞬を捕えている。
この後、お七がこのまま濡れ場に持ち込むことは、六郎が吉三を連れ去ることによって阻止され、お七は吉三を追いかけるために処刑を覚悟で櫓の太鼓を打つ、という有名な場面となる。お七の物語から見ると、恋とは死をも厭わない麻薬的ものではないだろうか。