• オンライン展示版
    「春画を見る・艶本を読む」展

12-2 『絵本情水記』

12-ebi0662-007

十字亭三九作『絵本情水記』
色摺半紙本三冊 天保年間(1830-1844)
個人コレクション(Ebi0662)


艶本の中には、貸本屋が艶本を見せながら娘を誘惑する場面がしばしば見られる。本図は家の者が留守中に上がり込んだ貸本屋が、この家の娘に『天野浮橋(あまのうきはし)』などの艶本を見せて戯れかかっている様子を描いている。艶本を見せられた娘は「面白いもんか、こんな本を」と言って怒るが、言葉巧みな貸本屋に身を任せてしまう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12-2 『絵本情水記』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/mt_gcoe/mt-tb.cgi/6356



  • ブログ内検索


secondlifebanner.png

arcbanner.png