ART RESEARCH CENTER

立命館大学アート・リサーチセンター

国際シンポジウム「Popularizing Fabrics and Clothing: Kyoto Yuzen Industry in Broader Context 1600-1970」で発表しました - 京都を起点とした染色技術及びデザインのグローバルな展開に関する研究

国際シンポジウム「Popularizing Fabrics and Clothing: Kyoto Yuzen Industry in Broader Context 1600-1970」で発表しました

6月3日にARCで開催されたシンポジウムにて、杉浦・上田・加茂が発表しました。

Mizuho Kamo, Changes in Yuzen Marketing Strategies and their Reflections in Pattern Designs, 1892-1911.
Aya Ueda, Modern Japanese Machine Printing and Kasuri Design
Miki Sugiura, Redye and Make-over as Promoters of Fashion. Changing Structure of Kimono Fashion Center Kyoto

各発表に対して、John Styles先生はじめ多くの参加者から質問・コメントがあり、有意義な場となりました。
参加者は17名でした。

詳細はこちら