ARCの紹介
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. ワークショップ

ワークショップ

 [書込]

IIIF Japan 京都ラウンドテーブル

デジタル化した文化資源をWEB公開するための世界標準規格 IIIF
ーその可能性と将来像ー

日時:2017年10月19日(木)13:15〜17:00
場所:立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
参加費:無料
使用言語:英語

(通訳はありませんが、会場内でサポートします)

■参加登録:
 参加を希望される方は、10/16(月)までに【参加申込フォーム】より参加登録をお願いします。
                        ↑ここをクリック

 東京ラウンドテーブルと東京・京都での連続シンポジウムを承けて、京都ラウンドテーブルを立命館大学アート・リサーチセンターで開催します。
 IIIFの中核メンバー6名を迎え、IIIFの基本機能の説明の上に、今後の展開・可能性を提案していただきます。
 また、海外の博物館や美術館を中心に文化資源のデジタルアーカイブを進めきたアート・リサーチセンターの情報発信の現状を紹介し、IIIFメンバーと情報を共有することで、これを具体的な素材とすることで、現在のデジタル情報発信の問題点や現状、拡大する可能性や将来像をディスカッションします。
スマホ・タブレットで表示する。
IIIF Japan 全体の内容を表示する。

■IIIF本部からの参加予定者:
 Michael A Keller(IIIF Founder, Stanford大学図書館長)
 Tom Cramer(Chief Strategic Technologist, Stanford大学)
 Michael Appleby(Yale Center for British Art)
 Jack Reed(Geospatial Web Engineer, Stanford大学)
 Sheila Rabun(IIIF Community and Communications Officer)
 Regan Murphy Kao(Japanese Studies Librarian, Stanford大学)

※なお、参加希望者が定員を超えた場合、参加をお断りする可能性があります。

※全体のレセプションは予定していません。


■参加登録:
 参加を希望される方は、10/16(月)までに【参加申込フォーム】より参加登録をお願いします。
                        ↑ここをクリック


■問合せ先
 立命館大学アート・リサーチセンター 事務室
 Tel. 075-466-3411 Fax. 075-466-3415
 http://www.arc.ritsumei.ac.jp


続きを読む>>

アジア圏文化資源研究開拓プロジェクト国際ワークショップ
東アジア演劇研究におけるデジタル・ヒューマニティーズの可能性

20170220_A4.jpg

2017年2月
20日(月) 13:30~17:00
21日(火) 10:00~16:00
立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム
入場料・参加費/無料
主催:立命館大学 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(日本文化資源のグローバルアクション)、立命館大学アートリサーチセンター アジア圏文化資源研究開拓プロジェクト
助成:一般財団法人 橋本循記念会
続きを読む>>

アート・リサーチセンターが主催する、国際ワークショップが開催されます。

学術資料としての『型紙』―資料の共有化と活用に向けて

20161029_WS_A4.jpg

日 時: 2016年 10月29日(土)13:00~18:00/ 30日(日)9:30~16:40
会 場: 立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター
参加費: 無料
予 約: 不要

[主催] 立命館大学 研究成果国際発信プログラム「国際的な型紙研究の基盤構築と活用に関する研究」、立命館大学アート・リサーチセンター
[共催] 立命館大学アート・リサーチセンター  文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」 《デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用プロジェクト》
続きを読む>>

アート・リサーチセンターが主催する、ワークショップが開催されます。

「20世紀日本ファッション産業の仲介者たち」

〈ワークショップ概要〉
20160604sp_pap.jpg

日 時: 2016年 6月4日(土)13:00~18:00/ 5日(日)9:00~16:00
会 場: 立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター 会議室1・2
参加費: 無料

【主催】
「糸・布・衣循環史研究会」(科研費補助金基盤B研究課題「糸・布・衣の廉価化の世界史」)
立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」研究課題 「デジタル・アーカイブ手法を用いた近代染織資料の整理と活用」
政治経済学・経済史学会「糸・布・衣の循環史」フォーラム

続きを読む>>

アート・リサーチセンターが協力する、ワークショップが開催されます。

立命館大学大学院 文学研究科 行動文化情報学専攻 「文化情報学専修」
広報企画ワークショップ
日本出版学会2016年度第2回(通算第95回)関西支部会

テーマ:「図書館を変えるウェブスケールディスカバリー」

報告者: 飯野 勝則氏(佛教大学図書館専門員)
聴き手: 安東 正玄氏(立命館大学図書館)
司 会: 湯浅 俊彦(立命館大学大学院「文化情報学専修」教授)

日 時: 2016年4月25日(月) 18時30分~20時00分
会 場: 立命館大学・平井嘉一郎記念図書館(衣笠キャンパス) カンファレンスルーム
     〒603-8577 京都府京都市北区等持院北町56-1
参加費: 無料

【主催】立命館大学大学院文学研究科行動文化情報学専攻文化情報学専修 / 日本出版学会関西部会
【協力】立命館大学アート・リサーチセンター

詳細はこちら→日本出版学会

続きを読む>>

アジア圏文化資源研究開拓プロジェクト国際ワークショップ
 ――アジア出土遺物デジタルアーカイブの可能性――

20160214_ASIAInternationalWS.jpg

2016年2月14日(日) 10:30~17:00
立命館大学アート・リサーチセンター 多目的ルーム

入場料・参加費/無料

主催:立命館大学 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(日本文化資源のグローバルアクション)、立命館大学アートリサーチセンター アジア圏文化資源研究開拓プロジェクト
助成:一般財団法人 橋本循記念会

続きを読む>>

米国ニューヨーク市コロンビア大学ウェザーヘッド東アジア研究所において、本拠点メンバー、赤間亮教授、矢野桂司教授、鈴木桂子教授の3名によるデジタル・ヒューマニティーズ・ワークショップを開催します。


2015年3月6日(金) 13:00-17:30

コロンビア大学ウェザーヘッド東アジア研究所

入場料無料

主催: 立命館大学アート・リサーチセンター
共催: コロンビア大学

続きを読む>>