ARCの紹介
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. お知らせ

お知らせ

 [書込]

1  2  3  4  5  6  7  8  9

2015年4月22日(水)

1. 「『京』友禅業の現状と『伝統』」

 講師: 山本真紗子(日本学術振興会特別研究員)

2015年4月22日(水) 18:00-18:45
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料(予約不要)

※セミナー終了後に、意見交換会の開催を予定しております。

続きを読む>>

2015年3月22日(日)立命館大学衣笠キャンパスにて立命館大学卒業式・学位授与式(学部)が行われます。
それに伴いまして、当日、事務局及び、センターは通常業務とし、2015年3月23日(月)を振替休日として、事務局及びセンターを休館いたします。
御来館、お問い合わせ頂いても対応することができませんので、ご注意ください。

開館日
2015年3月22日(日) 9:00~17:30 通常営業

振替休館日
2015年3月23日(月)
※ARC館内へは、関係者のみ入館できます。

20150302_A4.jpg

2105年3月2日(月) 10:30~17:15
立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター 多目的ルーム
入場料無料・事前申込み不要

主催:立命館大学アート・リサーチセンター 日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点


※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


Live streaming by Ustream

続きを読む>>

2015年1月13日(火)

本拠点の専門研究員であります、石上阿希氏が序文を担当した、『SHUNGA 春画』㈱パイ インターナショナルより出版されました。


驚愕のボリュームと美しさで魅せる、新しい春画本!

江戸浮世絵師の見事な技巧や、性愛の悦びを表現した艶やかさと大らかさで、みる人を魅了する春画の世界。北斎・歌麿・国芳など、巨匠たちが残した傑作の数々を、アートディレクター・高岡一弥氏による大胆かつ洗練されたデザインで、1 冊にまとめました。圧巻の、592ページ!

4368_shunga_pie.jpg

【アートディレクター】
 高岡一弥
【序文】
 石上阿希(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)
【対談】
 浦上 満(浦上蒼穹堂)
 山本ゆかり(多摩美術大学・中央大学・和光大学非常勤講師)

■仕様:304×210mm・592 ページ(full color)
■定価:本体6,800 円+税
■ISBN:978-4-7562-4368-3 C0071
■発売日:2014年11月発売
■発行元:㈱パイ インターナショナル

詳細はこちらをご覧下さい→http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4368

オンライン展示「いろは忠臣蔵」

iroha_web.jpg

立命館大学日本文化情報学専攻・芸術ゼミでは、12月15日(月)より、立命館大学アート・リサーチセンターにて開催の「いろは忠臣蔵」展を企画いたしました。
それに合わせて、この度、オンライン展示版も公開いたしました。

主催: 立命館大学アート・リサーチセンター
協力: 赤穂市立歴史博物館・早稲田大学図書館
企画: 立命館大学日本文化情報学専攻 芸術ゼミ
担当責任者:赤間亮・川内有子 

このたび、公益財団松竹大谷図書館が所蔵する義太夫正本を検索・閲覧するシステムを公開しました。

システムの開発及び公開を、当センターが、松竹大谷図書館との間で結ばれた協定に基づき、行っております。

この検索・閲覧システムは、松竹大谷図書館が所蔵している義太夫正本を検索し、
一部をデジタル画像で閲覧できるようにしたものです。

松竹大谷図書館所蔵・義太夫正本検索閲覧システム

2014年10月25日(土)

2014年10月25日(土) 10:00~17:00
立命館大学衣笠キャンパス
入場料無料・(午後のGIS Workshopのみ事前申込制)

主催: 立命館大学歴史都市防災研究所
共催: 人文地理学会、立命館大学アート・リサーチセンター、立命館大学文学部地理学教室
後援: 日本地理学会、地理情報システム学会、GIS NEXT
協賛: 株式会社パスコ、ESRI ジャパン株式会社

続きを読む>>

本日(10月13日)に開催が予定されておりました、シンポジウム「つたえる力―京都の伝統工芸―」は、台風接近に伴い、以下の通り、スケジュールを変更させていただきます。

・午前中のプログラムは、当初のスケジュール通り「開催」といたします。

午後のプログラムは、「中止」とさせていただきます。

ご来場を予定されておられましたお客さまには、ご迷惑をお掛けいたしますこと、また開催直前のご案内となりましたことを、お詫び申し上げます。

立命館大学アート・リサーチセンターと立命館大学細井研究室では、バーチャルミュージアム(セカンドライフ)での春画展、「春画を見る・艶本を読む」展を企画しました。それに合わせて、この度、オンライン展示版という形で、バーチャルミュージアム(セカンドライフ)での春画展を再現いたしました。

春画を見る・艶本を読む

オンライン展示版「春画を見る・艶本を読む」展

主催:立命館大学アート・リサーチセンター
企画:立命館大学映像学部細井研究室
スタッフ:[監修]細井浩一(立命館大学映像学部教授)
[企画・解説執筆]石上阿希(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)

本サイトを御覧になってご興味をもたれた方は是非セカンドライフの会場にも足をお運び下さい。

春画を見る・艶本を読む展(別ウィンドウ)

2014年8月18日(月)

アート・リサーチセンターは、本日18日(月)より通常業務を再開しています。開館時間は平日9:00から17:30までです。
現在、開催中の展覧会等はございません。

1  2  3  4  5  6  7  8  9