• 日本文化研究班


1

2011年9月 2日

ピルニッツ宮殿・モーリッツブルグ城での日本陶磁器調査

ドイツ・ドレスデン近郊のピルニッツ宮殿・モーリッツブルグ城所蔵の日本陶磁器調査を行いました。

ピルニッツ宮殿

IMG_7801.JPGのサムネール画像のサムネール画像  IMG_7851.JPGのサムネール画像のサムネール画像 

ピルニッツ宮殿では江戸時代初期の輸出漆器や明治時代の陶磁器・金工・竹工芸などさまざまな工芸作品の所蔵を確認することができました。

 

モーリッツブルグ城

 IMG_7874.JPGのサムネール画像 IMG_7910.JPG

モーリッツブルグ城では、非常に質の高い輸出伊万里のコレクションが所蔵されていました。

PD前崎

1




  • 最近のエントリー

  • アーカイブ


新拠点セミナー
GCOEセミナーディスカッション
GCOE運営活動と記録
世界と日本・DH研究の動向
E-journal
21世紀COE成果サイト
研究班紹介動画
リンク集